Archive

新居浜市美術館

東京藝術大学スーパークローン文化財展 素心伝心

「素心」という言葉は、「人が生まれながらに持っている濁りなきこころ」ということを意味します。そして「伝えるこころ」。
文化財は唯一無二の存在であり、その真正性は本来、複製が不可能です。その一方で、文化財の複製の歴史は古く、文化財の記憶をより広く長く継承したいという思いは、普遍的・根源的なものであるといえます。

 

 

東京藝術大学は、劣化が進行しつつある或いは永遠に失われてしまった文化財の本来の姿を現代に甦らせ、未来に継承していくための試みとして、文化財をクローンとして復元する特許技術を開発しました。本展では古代シルクロードの各地で花開いた文化をはじめ、世界を代表する遺産がクローン文化財として甦ります。
クローン文化財の制作にあたっては、オリジナルの精細な画像データを取得し、三次元計測や科学分析を行って、空間・形状・素材・質感・色を忠実に再現します。 また、クローン文化財に加えて、本展のために現地で撮影した映像、臨場感のある音など、五感でシルクロードの世界を体感いただけます。さらに、世界の国々の絵画や彫刻作品のクローン文化財も展示し、シルクロードから奈良に至るまでの美術の変遷を紹介します。

 

 

>> 特設サイトはこちら

 

 

 

会期|2021年7月3日(土)-8月29日(日)
 *この展覧会は終了いたしました
会場|展示室1、展示室2、市民ギャラリー

主催|
「東京藝術大学スーパークローン文化財 素心伝心」新居浜展実行委員会
(新居浜市美術館、あかがねミュージアム運営グループ、愛媛朝日テレビ、 ハートネットワーク)
共催|東京藝術大学
協力|東京藝術大学COI拠点、株式会社IKI、株式会社竹尾、小川香料株式会社
後援|新居浜文化協会

開催期間

2021月07月03日-2021月08月29日