ぐるっとにいはまマル得周遊事業 スタンプラリーとは 
「ぐるっとにいはままる得周遊事業」に参加の新居浜市内9施設を訪れて特典をケットしよう! 各施設には、このスタンプラリーに合わせ製作したブックレットとオリジナルスタンプを設置しています。 ブックレットに付属してあるスタンプページに各施設のスタンプを 集めると、以下の特典を受けられます。 さあ、ぐるっとにいはま大冒険に出発しよう!
(1) 5個以上のスタンプを集めれば、お好きな施設一カ所の特典が受けられます。
(2) スタンプを全部集めれば、もう一つ施設の特典が受けられます。
(3) さらに全部のスタンプを集めた方の中から抽選で、新居浜物産協会提供の特産品のプレゼントもあります。
※応募方法などの詳細は、後日当ホームページで発表します。


愛媛県総合科学博物館

世界最大級、直径30mのドームスクリーンを持つプラネタリウムがあります。世界最高クラスの明るさを誇る光学式投影機の星の美しさと、全天に広がるデジタル映像の臨場感を併せ持つ次世代プラネタリウムで、かつてないスケールで宇宙を体感できます。また、実物大の動く恐竜も展示しています。
[住所] 〒792-0060 愛媛県新居浜市大生院2133-2
[TEL] 0897-40-4100
[URL] http://www.i-kahaku.jp/
[休]  月曜日(第1月曜日は開館、翌火曜日が休館) ※ただし祝日及び振替休日にあたる場合は、直後の平日を休館とします。




マイントピア別子
端出場(はでば)ゾーンには、今年リニューアルした鉱山観光列車が走っており、砂金採り体験も楽しめます。マイントピア本館には、全天候型の遊戯施設「あかがねキッズパーク」や別子温泉~天空の湯~があります。東平(とうなる)ゾーンには、別子銅山の貯鉱庫跡やインクライン跡などの産業遺産と東平歴史資料館があります。
[住所] 〒792-0846 愛媛県新居浜市立川707-3
[TEL] 0897-43-1801
[URL] http://besshi.com/
[休]  年中無休 ※2月には設備点検のためお休みをいただきます。




あかがねミュージアム
新居浜市総合文化施設、愛称「あかがねミュージアム」は新居浜市の発展の礎となった「銅」に因んだ銅板による外観が特長です。新居浜太鼓祭りの太鼓台の展示・映像上映など新居浜の文化の紹介を行うにいはまギャラリーやカフェがあります。市民の創作活動をサポートする、多目的ホール・屋内ステージ、創作スペースなどを備えています。
[住所] 〒792-0812 愛媛県新居浜市坂井町二丁目8番1号
[TEL] 0897-31-0305
[URL] https://akaganemuseum.jp/
[休]  月曜日 ※祝日、振替休日及び第1月曜日にあたる場合は開館し、その翌火曜日が休館




新居浜市広瀬歴史記念館

幕末から明治にかけて、別子銅山の近代化を進めることによって、日本の近代産業を育成し、住友グループの基礎をつくった広瀬宰平。広瀬歴史記念館は、宰平の足跡を紹介する展示館と、明治20年頃に建築された旧広瀬邸(国指定重要文化財・名勝)があります。
[住所] 〒792-0046 愛媛県新居浜市上原二丁目10番42号
[TEL] 0897-40-6333
[URL] http://www.city.niihama.lg.jp/soshiki/hirose/
[休]  月曜日、祝日の翌日(日曜除く)、年末年始 ※展示替え等のため臨時休館することがあります。




みなとオアシスマリンパーク新居浜

中・四国最大級のマリーナに長さ300mの半円型人工ビーチ、広々とした芝生のキャンプ場を備えた一日遊べるレジャースポット。ワイワイBBQするもよし、瀬戸内の島々を眺めながらおしゃれなレストランでフレンチに舌鼓を打つもよし。研修・宿泊施設やグラウンドも併設されているのでビジネスや合宿など様々なシーンで大活躍。7~8月は海の家がオープン!コンロやテーブルのレンタルで気軽にアウトドアを楽しもう。
[住所] 〒792-0872 新居浜市垣生3丁目乙324番地
[TEL] 0897-46-4100
[URL] http://www.niihama-marina.com/
[休]  火曜定休 GW、7~8月は無休




森林公園ゆらぎの森

森林公園ゆらぎの森は新アウトドアフィールド別子グレイトCAMPとして新たにスタート。作って遊ぶをテーマに、ダッチオーブン料理、バーベキュー、ドラム缶風呂、キャンプ、バードコール、アウトドア婚活等、多彩なイベントが盛りだくさん。。レストランでは媛っこ地鶏を使ったお気軽ランチ。本格フレンチ&イタリアン、自家製ケーキ、パンケーキ、ジェラート等もご用意しております。
[住所] 〒799-0650 愛媛県新居浜市別子山甲122番地
[TEL] 0897-64-2220
[URL] http://besshiyama.com/yuragi/
[休]  水曜日




日暮別邸記念館

「日暮別邸」は、明治39年、住友家の別邸として四阪島(今治市)に建築された木造2階建ての洋風建築物で、110年余りの歳月を経て老朽化が進んできたことから、四阪島が遠望できる新居浜市内の星越山に移築復元し、四阪島にまつわる歴史なども合わせて広く伝えていく「日暮別邸記念館」として平成30年11月に一般公開されました。 老朽化していた屋根瓦や外壁、窓などの外部建具、また耐震性能や耐久性能に関係する柱や梁などの構造材は新規部材で元の姿を忠実に再現しました。 一方、内部部材は極力移設(再利用)し、床材や腰板、天井材や室内建具、また暖炉の石や家具など、約1万点の部材の約95%を移設復元しました。 入館料無料。
[住所] 〒792-0008 愛媛県新居浜市王子町1番11号
[TEL] 0897-31-5017
[URL]
[休]  月曜日・祝日(祝日が日曜日の場合は開館) 地方祭10/17、年末年始12/29~1/3


別子銅山記念館

別子銅山記念館は、住友グループの原点となった別子銅山(元禄4年(1691)採掘開始~昭和48年(1973)閉山 )の意義を永く後世に伝えるために、住友グループによって昭和50年(1975)に開設されました。建物は別子銅山守護神が奉祀されている大山積神社境内にあり、館内は鉱山をイメージした半地下形式となっています。屋根には開坑許可を得た5月9日にちなんで全面にサツキが植栽されています。 別子銅山は、開坑以来283年にわたって住友が一貫して経営を行い、特に明治維新以後、西洋技術の導入によって機械化・近代化を図り、その利益をもとに関連する事業を発展させ今日みられる住友諸事業の礎となるとともに四国随一の工業都市新居浜市の生成発展に大きく貢献しました。 館内には、住友と開坑以来の別子銅山の歴史資料や、鉱石・生活風俗・技術・煙害を克服した四阪島等に関する貴重な史料が多数展示されています。 入館料無料。
[住所] 〒792−0844 愛媛県新居浜市角野新田町3-13
[TEL] 0897-41-2200
[URL] https://www.sumitomo.gr.jp/history/related/besshidouzan/museum.html
[休]  月曜日・祝日(日曜日と重なる場合は開館) 年末年始(12月29日~1月3日)、10月17日