2020年4月6日(月)以降の新型コロナウイルスの対策について(文化施設、文化事業)

新居浜市による対策措置として出されました、イベント等の中止、延期又は規模縮小等の対応についての注意喚起に照らし、当面の間、当館におきましては以下の対策を講じることといたします(ただし、今後の状況変化や動向により、対応方法がさらに変わる可能性があります)

施設の利用・イベント開催等の制限について

[観覧・利用可能] 9:30~17:00
・太鼓台ミュージアム
・にいはまギャラリー
・360°シアター
・総合案内
・観光案内所
・ミュージアムショップ

[利用不可・活動中止]
・創作スペース、スタジオ1、スタジオ2、
・あかがね放送局ワイド、サポータクラブ会員 高校生の夜間使用(Cuカフェスペース)

[中止または延期]
・新居浜市、新居浜市美術館、あかがねミュージアム運営グループによる主催(共催含む)事業

貸館イベント開催の制限について(多目的ホール・市民ギャラリー・展示スペース)

・参加者50名以下での開催とします。
・3月以降の海外渡航歴を有し、帰国後2週間を経過していない方、3月以降、首都圏や関西圏など感染拡大地域から来県・帰県し、2週間経過していない方につきましては、イベントへの参加をご遠慮いただきます
また、開催する場合は、主催者側にご協力をお願いしたい対応内容と、イベントに参加される方にご留意いただきたいことがありますので、以下お知らせいたします。

[貸館イベント開催の中止・延期の判断について]
貸館イベントへの参加者、関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果、イベント開催の中止・延期の判断をすることがあります。
また、対策が不十分な場合や、さらなる状況の悪化が認められる場合、開催日の直前あるいは当日にイベント開催の中止・延期をお願いすることがあります。
ご来場前に必ずホームページでのイベント開催のご確認や、主催者等に開催の有無をお問い合わせください。

[貸館イベントに参加予定の皆様へ]
・Facebook およびホームページをご覧いただき、目的のイベントについてご確認ください。中止・延期を決定した場合、各イベントタイトルに【中止】【延期】と掲載いたします。
・延期の事業に関しては、今後の状況に応じて改めて企画を検討し、後日改めてご案内をさせていただきます。

[主催者(利用者)の方へのお願い]
新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、人が集まる場の前後を含めた適切な感染予防対策の実施にご協力ください。
対策例をあげていますので、参考にしていただき、各利用者において工夫した対策をお願いします。

参加者への確認
□発熱・風邪の症状がないか。(具合の悪い方の参加を認めない。)
□3月以降の海外渡航歴を有し、帰国後2週間を経過していない方がいないか。(2週間経過していなければ参加を認めない)
□3月以降、首都圏や関西圏など感染拡大地域から来県・帰県し、2週間経過していない方がいないか。(2週間経過していなければ参加を認めない)
□会場に入る前の手洗いまたは手指消毒を実施しているか。
□マスクの励行、咳(せき)エチケット等の指導をしたか。

感染防止対策の実施
◆換気の悪い密閉空間をつくらない
 ・窓、入口等の開放。常時開放が難しい場合は、定期的な開放を実施。(例:45分ごとに開放する等。)
 ・換気設備があれば、適切に運転する。
 ・会議終了後は、入口を開けたままにし、事務所へ終了した旨の連絡をする。

◆人の密度を下げる
 ・参加者50名以下での利用。
 ・お互いの距離をあける。(3人掛の机を1~2人掛けにする。ホールの場合は、極力隣の着席を避ける等。)
 ・入退場に時間差を設けるなど、動線を工夫する。

◆近距離での会話や発声、高唱を避ける(飛沫感染等の防止)
 ・対面との距離を概ね1.5m以上あける。
 ・声を出す機会を最小限にする。
 ・近距離での会話や発声等が多い場合は、必ずマスクを着用する。

感染が発生した場合の調査への協力
□感染者が出た場合には、その他の参加者に対して連絡を取り、症状の確認、場合によっては保健所などの公的機関に連絡が取れる体制を確保する。

*重症化しやすい人(ご高齢の方、基礎疾患がある方等)の参加については、慎重な判断をお願いします。
*仮にこうした対策を行えた場合でも、その時点での流行状況に合わせて、
急な中止又は延期をしていただく備えも必要です。

 

すでに参加の予定をされ、あるいは、お申し込みが完了しておられる段階で、急なご案内となりご迷惑をおかけいたします。
大変恐れ入りますが、ご理解、ご了承をくださいますようお願い申し上げます。

問い合わせ先:
あかがねミュージアム TEL:0897-31-0305